下谷叢話したやそうわ
鷲津毅堂肖像(部分)西田春耕/筆 『下谷叢話』ハ初下谷のはなしト題シテ大正甲子ノ初春ヨリ初稿ノ前半ヲ月刊ノ一雑誌ニ連載シタリシヲ同年ノ冬改竄スルニ当リテ斯クハ改題セシナリ。大正十四年乙丑ノ歳晩予偶『有隣舎ト其学徒』ト題シタル新刊ノ書ヲソノ著 …
作品に特徴的な語句
いずこ すす ややも ほと ほと あざむ みだ いわゆ おのずか たゆ むか かたじけなく いえ ただ あつ まさ とこしえ がよい めとら きわまり こもご ただ のぞ とぶろ すなわ つい とも いずれ あつ まね よこざま いん まい しか すこ たてまつ すなわ たずさゆ さいわい たの たまたま くわう いた ちゃく 阿爺あや はじ たまたま ごとく こう かえりみ ここ おも つい もとむ づくし たたかわ そなう せい すす ちかご 心付こころづけ かたじけの がん わた つかさど ちょう やす かえ おぶ さきの ばらい みだ さきん たとう おさむ もっ くちずさ よも すぐ いずくん たず くび まどか まねか