“特”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こと58.4%
とく27.0%
ひと6.7%
ことさら2.2%
ことさ1.1%
すぐ1.1%
ひとり1.1%
わざ1.1%
コト1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或はに利をわせて其下をして其上にかせて我にを寄せしめ置いて、そして表面は他の口実を以て襲って之を取るのであるし
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは四角いといふ意味であります。この模型いてありますから、それを御覽になるとよくわかります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
アイモニエー曰く、猫往昔虎に黠智と躍越法を教えたがり糞を埋むる秘訣のみは伝えず、これをんで虎今に猫を嫉むとカンボジアの俗信ずと。
そこでに洋燈を取つて左の手にして其図に近〻と臨んで、洋燈を動かしては光りの強いところを観ようとする部分〻〻に移しながら看た。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
公子。そはいらぬ禮儀なり。われはと相知れり。汝は我友なれば、渠はらに紹介をば求めざるべし。渠は唯だおん身を知ることを得たるを喜ぶならんといふ。
予往年大英博物館で、この蛙アルコールを見しに、その蹼他の蛙輩のよりれて大なるのみ、決して図で見るほどきになかった。
震天動地軍事上大發明をなして、發明軍機上大秘密として、我國にのみにあり、他邦には到底るべからず、歐米諸國あるりは
其は勿論其の嬰児がと然様した訳でも何でも有りません。
運命は切り開くもの (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
此も奈良朝以前にも既にに神にふ位の内容しか感じられないまでに固定したと見えてゐるが、「ことあげ」と言ふ語が、「ことゞあげ」で、人間の神にする「ことゞ」を言うたと想像出来る。