観画談かんがだん
ずつと前の事であるが、或人から気味合の妙な談を聞いたことがある。そして其話を今だに忘れてゐないが、人名や地名は今は既に林間の焚火の煙のやうに、何処か知らぬところに逸し去つてゐる。 話を仕て呉れた人の友達に某甲といふ男があつた。其男は極めて普 …
作品に特徴的な語句
くるめ あひ 老夫ぢいさん 彼方むかふ うづくま おほ 真黒まつくら さゝ 分明ぶんみやう ぜい をし 土竈へつつひ はづ 音声おんじやう 何様どう はた やぶさか 基礎いしずゑ そら 山椒さんせう 此地こゝ 此方こつち ことさら 矜持きようぢ いと うる あら 入側いりかは 戕牁かしぐひ ゆら すぼ 放下はうげ ほん 柳条りうでう かしは 此様かう 然様さう ひど 画舫ぐわはう 直接ぢか 睜開さうかい 童子こども きび 茅屋かやや かさ あらわ 襤褸らんる 頂上てつぺん やが ひるがへ 㘞地ぎやつと 先刻さつき 出水でみづ つと 区劃しきり 吃驚びつくり 呆気あつけ やぶ 山水さんすゐ 岩岨いはそば 左方ひだり 幽邃いうすゐ 廓落くわらり 引爬ひつか 律詩りつし 抛擲はうてき はさ 服装みなり から 樵漁せうぎよ 此室こゝ 湿 灝気かうき 火炉こんろ 点火つけ 点頭うなづ 無銭たゞ 燈光ともしび 玩物おもちや はや 穿うが せま 翌日あくるひ 翠烟すゐえん 翠色すゐしよく 老朽おいく 胴顫どうぶるひ はぎ 踏込ふんご 退 闖入ちんにふ 雑樹ざふき カバン 顧視かへりみ
題名が同じ作品
観画談 (新字新仮名)幸田露伴 (著)