観画談かんがだん
ずっと前の事であるが、或人から気味合の妙な談を聞いたことがある。そしてその話を今だに忘れていないが、人名や地名は今は既に林間の焚火の煙のように、何処か知らぬところに逸し去っている。 話をしてくれた人の友達に某甲という男があった。その男は極め …
作品に特徴的な語句
なる くるめ にゅう おえ ぞく 老夫じいさん じき おろ ごころ あい よく たっ 彼方むこう 官人かんじん ぜい かん ことさら ことな しずく 真黒まっくら たのしみ ごく 秋葉しゅうよう おお 柳条りゅうじょう こう ひるがえ ぷし いと がく かえ はた うる つめた あら ことば そら おおき きっ やぶさか 一刀いっとう ひど ねむり ねむり 童子こども ほん きび すぼ ゆら 胴顫どうぶるい あやし おもい しず 茅屋かやや おち かさ あらわ 襤褸らんる 寂寞じゃくまく かた 夕陽せきよう 基礎いしずえ がた かろ いっ ぜん 上手かみて かえ あが 蓑笠みのがさ しん 御上おあが 種〻いろいろ うさぎ 入側いりかわ ひき 庭鳥にわとり 高閤こうこう たび 草径そうけい よう 莞爾かんじ 露頂ろちょう 雨除あまよけ すぐ よご たぎ ずん あぎと ながれ
題名が同じ作品
観画談 (新字旧仮名)幸田露伴 (著)