“白雲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらくも54.2%
はくうん39.6%
しろくも6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下襲ねの緋鹿子に、足手照映えて、朝桜白雲ふ、とに、つた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この壁柱星座え、白雲がり、藍水つて、め、下草おのづから、浮彫したるく。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
幹の影と自分の影とが地面にくっきりうつっていましたが、花は月の光をとおして、ぼーとうす明るく、まったく白雲のようでした。
山の別荘の少年 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)