“雪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆき73.9%
そそ11.5%
すす6.4%
そゝ2.7%
すゝ1.8%
ユキ0.6%
いき0.6%
0.3%
スノウ0.3%
すゝが0.3%
すゝぐ0.3%
せつ0.3%
0.3%
スネエウ0.3%
ユギ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
第十五条 を構へを報ずるは、野蛮の陋習にして卑劣の行為なり。恥辱をぎ名誉を全うするには、らく公明の手段をむべし。
修身要領 (新字旧仮名) / 福沢諭吉慶應義塾(著)
ぐは臣下の本分、卑怯未練な蛆虫めらを、一泡吹かせて斬り死に致す覚悟でござる。お通し下されいッ。お止めだて下さるな
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昨日は英語で一番綴りの長いの事を言つたが、今日は林檎の冤罪をいだおけに、世界中で一番長い名前をお知らせする。
尋ね出して道十郎殿の惡名をがせん者をと夫より心を定め赤坂傳馬町へと引取られ同町にてながらも孫店借受爰に雨露
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
例えば「」の「キ」には「紀」(またはこれと同類)の仮名を書き、の「キ」には「伎」(またはこれと同類)の仮名を書く。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
のあそびにといふ㕝あり、初編にいだせり。
「一つあんちゃんにええことがあるで。———仏蘭西語せてもらえるで」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
のみならず、アラスカのは Snow は Snow でも本物のでけっしてコカインではない。
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ん物と思ふより庄兵衞に會ひ云々と申すに因て僥倖なれば只今よりして彼方へを殺して身の明を立んと思へど我私しのを以て他人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
吾儕が先立てば誰とて後で父樣の御介抱をば申し上ん夫を思へば捨兼る生命を捨ねば惡名をに難き薄命お目覺されし其後に此遺書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いわんや北国の世界はほとんど一年の三分の一を白き物の中に蟄居せざるべからざるや。ことに時候を論ぜざる見世物と異なりて、渠の演芸はおのずから夏炉冬扇のきらいあり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いんえ、串戯ではない、嘘ではない。余所に面白いことが十分あると見えて、それ、たまたまで、顔を見せても、雪のの字も言いなさらぬ。な、あの児も、あんたには大きに苦労をしたもんじゃが。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ンヤデヤなア、ゲデセエ、ゴト日當りの屋根サ干すエネればがしグテ、晝間まで掻廻して、それガラ田畔サあがテせ、
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)