“捨兼”の読み方と例文
読み方割合
すてかね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾儕が先立てば誰とて後で父樣の御介抱をば申し上ん夫を思へば捨兼る生命を捨ねば惡名をに難き薄命お目覺されし其後に此遺書
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)