“捨置”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すてお57.1%
すておき42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捨置”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、うしても其儘そのままには捨置すておかれぬので、最後には畚にしかくくり付けて、遂に彼女かれを上まで運び出した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
重太郎の名を聞いてはいよい捨置すておかれぬ、巡査も人々も続いてその跡を追った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この事檀家だんかの告発にり師の坊も捨置すておきがたく、十分に訓誡くんかいして放逐ほうちくしようと思っていると、当人の方でもあらかじめそのあたりの消息を知り
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
源「手前今承れば、何かお國殿とおれと何か事情わけでもありそうにいうが、己も養子にく出世前の大切な身体だ、もっとも一旦放蕩ほうとうをして勘当かんどうをされ、大塚の親類共へ預けられたから、左様思うも無理もないようだが、左様な事を云い掛けられては捨置すておきにならんぞ」