“委細”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いさい64.8%
ゐさい25.9%
くは3.7%
くはしく1.9%
くはし1.9%
くわ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし「委細拝眉の上」とあるきりで、はっきりしたことは何も書いてなかった。ただ「次郎の行末とも、自然関係ある儀に付、云々
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
相述べ急ぎ登城あるべしとの事なり越前守委細承知し則ち馬を急し家來に申付火急の御用なり駕籠は跡よりせと申付麻上下に服を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あのよりさう云ふ人を今のあなたは持つておいでにならない、あのは私が見たこともなし、委細しい御様子も聞いたことはありませんけれど
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
委細申立ければ大岡殿聞請られ早速に組下の同心に申付られ藤澤宿大津屋段右衞門方へ段右衞門を召捕來るべしと遣はされたり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と云ひつゝ立つて違棚に載せて置たる風呂敷包とりおろし、結び目といて二束にせし書類いだし、十兵衞が前に置き、我にあつては要なき此品の、一ツは面倒な材木委細い当りを調べたのやら
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
一ツは面倒な材木委細しい当りを調べたのやら、人足軽子そのほかさまざまの入目を幾晩かかかってようやく調べあげた積り書
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)