“組下”の読み方と例文
読み方割合
くみした100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御新造と呼ばれる女は、江戸の御鉄砲方井上左太夫の組下与力、和田弥太郎の妻のお松で、和田の屋敷は小石川の白山前町にあった。
(新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
委細申立ければ大岡殿聞請られ早速に組下の同心に申付られ藤澤宿大津屋段右衞門方へ段右衞門を召捕來るべしと遣はされたり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かねて手筈のとおり、工場の門衛番所に、柱時計が十二の濁音を、ボーン、ボーンと鳴り終るころ、組下の若者が、十名あまり、集ってきた。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)