“下組”の読み方と例文
読み方割合
したぐみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾が塩沢下組六十八ヶ村の郷元なれば、郷元をり知る家には古来記録れり。
其の頃はともすれば血判だの、立行が出来んから切腹致すの、武士道が相立たん自殺致すなどと申したもので、寺島松蔭の反逆も悉皆下組の相談が出来て、明和の四年に相成りました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
吾が塩沢下組六十八ヶ村の郷元なれば、郷元をり知る家には古来記録れり。