“下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
した19.1%
くだ17.8%
もと13.2%
13.2%
しも10.1%
さが8.6%
おろ6.3%
6.0%
おり1.3%
1.0%
さげ0.4%
0.4%
シタ0.3%
0.2%
シモ0.2%
モト0.2%
0.1%
くんだ0.1%
0.1%
くださ0.1%
くだり0.1%
くだっ0.1%
0.1%
くた0.1%
くな0.1%
ひく0.1%
クダ0.1%
ラワー0.1%
ラワル0.0%
おち0.0%
おと0.0%
おろさ0.0%
おろし0.0%
くださる0.0%
くだし0.0%
くだす0.0%
くん0.0%
こだ0.0%
さがっ0.0%
さま0.0%
しいた0.0%
しづ0.0%
しもの0.0%
しもん0.0%
0.0%
すだ0.0%
たら0.0%
はず0.0%
ふれ0.0%
をり0.0%
をろ0.0%
0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い、しいに、がる、煙突幾本った工場がありました。その工場では、チョコを製造していました。
飴チョコの天使 (新字新仮名) / 小川未明(著)
太古遺跡發掘に、めてしたのは、武藏權現臺である。それは品川からめてい、荏原郡大井小字
薄暗い電燈の光ので、の血のような色をした西瓜をかじりら、はじめは、犯罪や幽霊に関するとりとめもない話を致しました。
手術 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
うしてられる……一刻く、娑婆連出すために、おたらば! りるなぞは間弛ツこい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あわただしく作られた軍用市は機能を喪失し、川に沿ったの町は、機械的に一本の道路で貫かれているだけで、麻痺に陥った。
播州平野 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
私より女だけに、の暮し向きを、こまごまと気にしている姉は、自分から母に相談して学校をって、煙草専売局の女工になった。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
大根を三四ぶらげて、今日御馳走つてたとつて、それを宜道てもらつてつた。宜道宗助相伴をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
るには桟橋もなし困つて居ると久太夫がを向の岸へ投げ上げ綱を伝つて岸へ上り、荷物など皆な一人で世話して仕舞ひました。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
……、五、、六、の七ツの孔は、人間の五情の言葉と両性の呼吸ともいえよう。懐竹抄を読んだことがあるだろう
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いつもの癖で、椅子の中に深く身を沈めると、中禿の頭を撫で上げながら、自慢の長い自烈度そうにヒネリ上げヒネリした。
骸骨の黒穂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
なかんずく役人の旅費ならびに藩士一般に無利足拝借金、またはだされ切りのごときは、現に常禄の外に直接の所得というべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
つぎねふや 山城川を 川溯り 我がのぼれば、川の辺に生ひ立てる烏草樹を。烏草樹の樹 に生ひ立てる葉広五真椿
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
豪士の子の狩屋三郎は、御家人の伜の尾崎友次郎ほどは威張つて居ませんが、それでも兎もすると、江戸の岡つ引をた眼に見ようとします。
梁山泊ノ義士 宋江。 大名府、及ビ天下ノ人士ニ告グ 今ヤ、大宋国ニアリテハ濫官ニアリ 汚吏権ニ、良民ヲ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唯うつとりと、塔のから近々と仰ぐ、二上山の山肌に、の目からは見えぬ姿をようとして居るのであらう。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
車をり閉せし雨戸をかんとするに、むかしながらの老婆の声はしはぶきと共に耳朶をうちぬ。次いで少婦の高声を聞きぬ。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
河上一家の事を聞くつもりなら、わざわざ麻布りまで出張する必要はない。河上を持ち出したのは河上対某との関係が知りたいからである。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その一つは長崎壱岐島のある村に行われていたもの、自分はかりにこれをカセ蚯蚓と呼ぶことにしている。カセという言葉も、今日でははや説明が必要になった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
其中に、一円の金貨が六ツか八ツも有升たがお祖父さまはて其をとりして麗々とわたしの手のつた時、矢張冗談かと思ひた。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
他国にてもする事なり。或人に、此事百余年前までは江戸にもありしが、火災をはゞかるためにてやみたりとぞ。
朝敵とて、ソコで将軍御親発となり、又幕府から九州の諸大名にも長州にて兵を出せと云う命令がて、豊前中津藩からも兵を出す。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
はなかますといふ舟をのりいだし(大木を二ツにわりてこれをくりぬきて舟にしたるもの也 ○瀬の浅き所は舟を用ひず)雪る寒夜にもにそのさむさをもいとはず
をおひ、彼男うして其樣はふ、よしつてからが、でおしつてるべき、いよ/\のしやれば、さてもないその信仰してさりませぬは
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
『先生! 下へ來て取つてンせ!』と一人が甘えて呼ぶ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
高き者は腹に在り、き者は辺に在り、中なる者は角に在り。法に曰く、寧ろ一子を輸くるも、一先を失ふ勿れ。左を撃たんとすれば則ち右を視、後を攻めんとすれば則ち前を瞻る。
囲碁雑考 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「モ、モ、モシ、……。……オサアイ。……ガチギレソーダ。……アア……チル、……チル……」
アフリカで鱷神が高僧にく時言語全く平生に異なりりに水に入らんと欲し、河底を潜り上って鱷同然泥中に平臥するがごとし(レオナード著『ニゲルおよびその民俗篇』二三一頁)
ニゲリア人は鱷は犯罪ある者にあらずんば食わずとてこれをその祖先神または河湖神とし、殺さばそのまる水ると信じ
ほろほろとの中に、ハッキリとした葉子の離反が、鋭い熊手のように、胸の中を、隅々までも掻き廻し始めた。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
古来美女たちのその実際生活が、当時の人々からいかに罪され、すまれ、しめられたとしても、その事実は、すこしも彼女たちの個性的価値抹殺する事は出来なかった。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
の馬士見付て是御用だ繪符だ/\若いオイ/\と云ふに面々ばた/\と飛下る故九助は是サ馬士殿ず共憫然な何さ惣體に根方の奴等はずるいから時々に合せて置ねへと成やせん時に旦那なら箱根を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
表門る此時大膳は熨斗目麻上下なりにして若黨潜門へ廻り徳川天一坊樣の先驅赤川大膳なり開門せられよと云に門番は坐睡し乍ら赤川大膳ぢやと天一坊は越前守が吟味
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いずれも忠信の者どもに御回向をもべく候。その場に生残り候者ども、さだめて引出され御尋ね御仕置にも仰附けらるべく、もちろんその段人々覚悟の事に候。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
れたり率御着用有りて然るべしとければ伊賀亮呵々貴僧御芳志けなけれど未だ御對面もなき中に時服頂戴するれなし又拙者が粗服で御對面れ難くば夫迄の事なりて拙者より奉公は願ひ申さずと斷然言放し立上るひに常樂院は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
(豆腐尤よし。他雑肴箸をべからず。)樹陰清涼大に佳なり。此日祭神日の前一日なり。しかれども甚雑喧ならず。八坂に塔下を経て三年坂を上る。坂側みな窯戸なり。烟影紛褭せり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
これから四ツ谷だりまで、そりゃ十年おつけのようなな若いものを二人でも三人でもおけ申さないでもございませんが、雪や雨の難渋なら、が御迷惑を少しずつ分けて頂いて
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
も不断骨を折ってるから、と二人で茶の間で一盃飲めよと云うて、此のお肴をせえました、どうか此処で旦那さまがも召上る御酒をきてえもんで
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ダカラの事を差置てこの一点にて見れば、何だか一段た下等人種のように見える。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
我を誘ひ出して酒店に至り、初め白き基督涙號を傾け、次いで赤き「カラブリア」號を倒し、わが最早え飮まずとむにびて、さらば三鞭酒もて熱をせなどいひ、を盡して別れぬ。
泉鏡花氏の書いたものによると、「正月はどうこまで、からから山のまで……」という童謡を「故郷のらは皆師走に入って、頃からずる」
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
名高い黒部川の廊下の中でも、黒部別山附近は其中心になっている。
渓三題 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ハネンゾウリ、ノタハギ段、ゾウリなどいう所を過ぎて、間もなく下ノ島に来た。此処で大井川に別れ、山の鼻を登り気味に廻って、信濃俣の谷に入り込むのである。
大井川奥山の話 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
かれ天つ神の御子、その横刀を獲つるゆゑを問ひたまひしかば、高倉答へまをさく
この戸棚夜具蒲団もあるよとからまでらずしてすつてよ、つた当座だから療治はないや、退屈だらうと思つて岩田屋御夫婦て、四方山の話をしてると
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
夜更けてを深くした人力車が玄関に着いた。
黒白ストーリー (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
祗園の祭には青簾を懸けてはし、土用のも盆の勘定となって、地獄の釜のの開くかと思えば、に仏の花も捨て、それに赤痢の流行で芝居の太鼓も廻りません。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
で見る事なし。又地にあればもする也。かれをもつて是をおもへば、我国の深山幽谷雪の事はかりしるべからず。
二月にいたりても野山一面の雪の中に、清水ながれは水気なるゆゑ雪のすこしる処もあり、これ水鳥のる処也。
酒屋店前までくると、馬方をとめました。いつものやうに、そしてにこにことそこにり、どつかりとして冷酒きな甘味さうにけはじめました。一また一
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
り口の義なり。ru は道にて、essan の e は接頭語、san は出る意味なり。又下る意味なり。
折口といふ名字 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其柱の下に立てかけられた竹の枝につけたや男女の形代は、雛祭りが東風輸入であつたことの俤を遺して居ると同時に、此笹が笠間神の依代である事を示すもので、枝にげられた繖は
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)