髯籠の話ひげこのはなし
十三四年前、友人等と葛城山の方への旅行した時、牛滝から犬鳴山へ尾根伝ひの路に迷うて、紀州西河原と言ふ山村に下りて了ひ、はからずも一夜の宿を取つたことがある。其翌朝早く其処を立つて、一里ばかり田中の道を …
作品に特徴的な語句
羊歯シダ 人身御供ヒトミゴクウ さて ミカ 山車ダシ シキミ 緒口イトグチ 天降アモ タフ 五月サツキ 在処アリカ 指物サシモノ 主水モンド 折敷ヲシキ 馬道メダウ 御息所ミヤスドコロ 薬玉クスダマ 古渡コワタ 天道テンタウ 形代カタシロ 魔除マヨ 黄泉ヨミ オヤ かたがた 名所ナドコロ 国姓爺コクセンヤ 顔見世カホミセ 切籠キリコ 南山ナンザン 梵天ボンテン 真木マキ 花御堂ハナミダウ 厄除ヤクヨ 宵宮ヨミヤ 手古舞テコマヒ 精霊シヤウリヤウ 左義長サギチヤウ 高燈籠タカトウロウ 御裔ミスヱ 島台シマダイ 接骨木ニハトコ 絵馬堂ヱマダウ 百川モヽカハ 一本薄ヒトモトスヽキ 四脚ヨツアシ 地車ダンジリ 大舎人オホトネリ 山鉾ヤマボコ 木津キヅ 榊葉サカキバ 皇神スメガミ 祈年トシゴヒ 縫箔ヌヒハク 蔵王ザワウ 蘇民将来ソミンシヤウライ 餅花モチバナ 五月幟サツキノボリ クレ 勝間コツマ 幸木サイハヒギ 百取モヽト 名詮自性ミヤウセンジシヤウ ハタ 年占トシウラ 御服ゴフク 探女サグメ キヌカサ オホワ 鷽替ウソカ 宵祭ヨヒマツ 八十禍津日ヤソマガツヒ 削掛ケヅリカケ 十日戎トヲカエビス 大嘗祭オホンベマツリ 大禍津日オホマガツヒ 天道花テンタウバナ 尺素往来セキソワウライ 張籠ハリコ 撫物ナデモノ 日神ヒノカミ 泥障アホリ 盧遮那仏ルシヤナブツ わく 粉浜コハマ 邪神アシキカミ 酒林サカバヤシ 鳥柴トシバ