髯籠の話ひげこのはなし
十三四年前、友人等と葛城山の方への旅行した時、牛滝から犬鳴山へ尾根伝ひの路に迷うて、紀州西河原と言ふ山村に下りて了ひ、はからずも一夜の宿を取つたことがある。其翌朝早く其処を立つて、一里ばかり田中の道を下りに、粉河寺の裏門に辿り着き、御堂を拝 …
作品に特徴的な語句
カヅ ソヾロ オト モノイミ カヽ ヒネ コヽロ マル マチ カタ タラ カツ ナヅ 早速サソク チカ ケン ハヤ 菖蒲アヤメ 天道テンタウ ハレ シメ 五月サツキ タフ 春日カスガ 生物イキモノ 精霊シヤウリヤウ 仮令たとひ アメ もつとも ミカ 馬道メダウ 黄泉ヨミ 主水モンド 名所ナドコロ ちなみ 在処アリカ ツボ 天幕テンマク 宵祭ヨヒマツ シキミ ウネ 百川モヽカハ 皇神スメガミ 縫箔ヌヒハク キヌカサ 邪神アシキカミ 南山ナンザン 厄除ヤクヨ 古渡コワタ 四脚ヨツアシ ニハ 宵宮ヨミヤ 山家サンケ 師走シハス ハタ 御裔ミスヱ 折敷ヲシキ 木綿ユフ 梵天ボンテン 榊葉サカキバ クレ 泥障アホリ 浅間センゲン 真木マキ 緒口イトグチ 薬玉クスダマ 餅花モチバナ 魔除マヨ 元三グワンサン 切籠キリコ 削掛ケヅリカケ 勝間コツマ かな 天降アモ しばら ミヤ 山車ダシ 山鉾ヤマボコ 島台シマダイ 式神シキガミ 張籠ハリコ 形代カタシロ 御服ゴフク 我衣ワガコロモ 指物サシモノ 日神ヒノカミ 木津キヅ