“山車”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だし91.5%
ダシ6.8%
シャル1.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山車”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神道40.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 年中行事・祭礼6.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、遅れたのはその一隊ばかりでなく、所々で踊りを見せながら山車だしを引つ張つて来る組も、他にも大分遅れる組があつた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
「女王」といふのは毎歳いつもの村祭に、山車だしの上にさつて花輪を捧げ持つ、子供達の王様を謂ふのでした。
女王 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
さて此様に、竿頭の依代から屋上の作り物、屋内の飾り人形或は旗竿尾の装飾にまで拡がつてゐるだしの用語例は、直ちに、江戸の祭りの山車ダシの起原に導いてくれる。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さすれば、山車ダシ・鉾・山の関係は、次の図に示す様なものである。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
大体こんなふうなんですの、そいで子供も令嬢も昨日西貢サイゴンから着いた安南人アナミに頼むつもりなんですけど、この山車シャルの前に、どうしても、繩でしばられて先に立って行く支那の大官マンダリナがなければ気分が出ないと思うんですの、最初はね