“山車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だし91.8%
ダシ6.6%
シャル1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村の少年少女は造りかけた山車や花笠や造花をお宮の拝殿にへ込んで、ゾロゾロと石の階段を野原の方へと降りて行くのでした。
女王 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
屋台とか、山車とか、お船とかいふ様なものは、此標の山の名残りの形と見る事が出来る。松本の青山様も、此様式のものであらう。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
今度の謝肉祭には「支那の旅行」という題の山車を出したいと思うんですの、山車のうえの飾り物を三つに区切って、右端は支那の子供が大勢ソラの花の下でダンスをしているところ