“金打”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんちょう91.7%
きんちやう8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金打”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神社・神職50.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
したためてやるは易いが、折あしく、矢立やたて懐紙かいしの用意もないが……む、金打きんちょうしてとらせる」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誓紙せいし支度したくひまどるばかり、それよりも武門ぶもん金打きんちょう、おうたがいあるな」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「武士なら、金打きんちやうといふところだ。八五郎が木枯の傳次か傳次でねえか、確かな證據を揃へてお眼にかけよう。三日の間に眞物ほんものの木枯の傳次を縛れなかつたら、十手捕繩を返上してこの平次がまげを切つて詫ようぢやないか」