“金打”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんちょう92.9%
きんちやう7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宜しい手前も武士金打致します…今日はいけません…木刀をして来たから今日は金打は出来ませんが、の様なる証拠でも致します
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そのことは、大津の宿端れで、由良の伝吉という者からもしく承り、いつにても新九郎殿が望みの時機に、立ち合うという金打まで与えました。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武士なら、金打といふところだ。八五郎が木枯の傳次か傳次でねえか、確かな證據を揃へてお眼にかけよう。三日の間に眞物の木枯の傳次を縛れなかつたら、十手捕繩を返上してこの平次が