“鑼”の読み方と例文
読み方割合
どら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世間にはみ合うり合う銅鈸のような騒々しいものを混えることに於て、って知音や友情が通じられる支那楽のような交際も無いことはない。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「幾階か持ちて行くべき。」との如く叫びし馭丁は、いち早く登りて梯の上に立てり。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
「幾階か持ちて行くべき。」との如く叫びし馭丁は、いち早く登りて梯の上に立てり。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)