舞姫まいひめ
石炭をば早や積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。今宵は夜毎にこゝに集ひ来る骨牌仲間も「ホテル」に宿りて、舟に残れるは余一人のみなれば。 五年前の事なりしが、平生の望足りて、洋行の官命を蒙り、このセイ …
作品に特徴的な語句
かゝづら まじはり おこなひ をしへ をみな ぎよ 手巾しゆきん とぶ しひ つば はふり はぢ あら をのゝ をり ちさ おほ あや つひえ さや かう しき うべ かむ あらまし 相識あひし くはし つかへ なんぢ かたはら はゞかり 生活なりはひ 縦令よしや おのづか こゞ 何処いづく そびら よそほひ とゞ 粧飾さうしよく にはか 囲繞ゐねう かの かん いたづら いだ あらかじ ひね 譫語うはこと ことさ まみ ひそか かぼそ たくはへ よこたは 一盞ひとつき 掌上しやうじやう ひんがし 奈何いかに こうぢ 平生ひごろ 戸前こぜん もと 庖厨はうちゆう ならひ 昨夜よべ こた わが しつ 数奇さくき はこび 襦袢はだぎ つくゑ 午餐ひるげ ばかり ねぎら くら つらな つまびら まなび おも つち 何故なにゆゑ うけたま そこひ らつ 尋常よのつね くつが
題名が同じ作品
舞姫 (新字旧仮名)石橋忍月 (著)
舞姫 (新字旧仮名)与謝野晶子 (著)
舞姫 (新字旧仮名)永井荷風 (著)
舞姫 (旧字旧仮名)森鴎外 (著)