舞姫まいひめ
西の京三本樹のお愛様に このひと巻をまゐらせ候 あき うたたねの夢路に人の逢ひにこし蓮歩のあとを思ふ雨かな 美くしき女ぬすまむ変化もの来よとばかりにさうぞきにけり 家七室霧にみなかす初秋を山の素湯めで来しやまろうど 恋はるとやすまじきものの …
作品に特徴的な語句
だひら をなご だけ わし かう くわ じろ 御座みざ はふ 二人ふたたり 女王によわう でい あけ 神社みや 砂金しやごん さふら はく れい うば 火焔ほむら たゆ かけ 昨夜よべ わらは おもひ 皇后きさい ちご こほり たまき 家主いへぬし むろ しゆ 流離りうり あけ もの 愛宕をたぎ さん 朝暮てうぼ をち 御苑ぎよゑん 居丈ゐだけ 鐘楼しゆろう いも あめ 大音たいおん いとど くん 七日しちにち しよく 草書さうがき 土橋つちばし 唐船たうせん 乞食かたゐ 二心にしん 香炉かうろう 六月みなつき 紺青こんじやう 七人ななたり りよう ななめ 赤斑あかふ 紅葉もみぢ 昨日きのふ 端居はしゐ 相人さうにん たらひ 語部かたりべ 腰結こしゆひ 杜鵑とけん 痴人しれびと 行人かうじん 行方ゆくへ 草庵さうあん 水引みづひき 沙羅しやら 玉盤ぎよくばん あふひ
題名が同じ作品
舞姫 (新字新仮名)森鴎外 (著)
舞姫 (新字旧仮名)石橋忍月 (著)
舞姫 (新字旧仮名)森鴎外 (著)
舞姫 (新字旧仮名)永井荷風 (著)
舞姫 (旧字旧仮名)森鴎外 (著)