“蛼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こおろぎ47.8%
こほろぎ26.1%
いとど13.0%
いとゞ4.3%
こうろぎ4.3%
ひぐらし4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お栄はそれを見ると同時に、急にの鳴く声さえしない真夜中の土蔵が怖くなって、思わず祖母の膝へりついたまま、しくしく泣き出してしまいました。
黒衣聖母 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
轡虫だの、だの、秋の先駆であるさまざまの虫が、或は草原で、或は彼の机の前で、或は彼のの下で鳴き初めた。楽しい田園の新秋の予感が、村人の心を浮き立たせた。
わが哀慕雨と降る日に死ぬ蝉死ぬとしも暦を作れ
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
初冬の宵の寂しさに、臺所の障子のかげに、細々とのなく頃である。
秋も段々に末になって伝馬町の牢屋でも板間の下でが鳴いた。
黄八丈の小袖 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
またのなく頃となつた
(旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)