“こうろぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
興梠33.3%
33.3%
蟋蟀33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五郎は福兵長と、興梠という酒好きの二等兵曹をつれて、しばしば宿舎を抜け出て、酒宴を開いた。アルミの食器に一号アルコールを半分ほど入れ、マッチで火をつける。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
興梠が言った。おそらく福は双剣石に泳ぎ着き、ここに戻らずに近くの岸へ上り、陸路を歩いて宿舎に戻ったんじゃないか。そんな想像を興梠は立てたが、五郎は黙っていた。へんな予感があった。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
秋も段々に末になって伝馬町の牢屋でも板間の下でが鳴いた。
黄八丈の小袖 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
路ばたの草叢では蟋蟀が鳴き始めていた。家の前の柿の古樹の垂れさがった枝には、渋柿が、青いまゝに、大変大きくなっていた。その下の闇を通ると、実がコツ/\と頭を打った。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)