“きりぎりす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キリギリス
語句割合
蟋蟀64.1%
螽蟖20.5%
螽斯7.7%
5.1%
2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ははははは。門迷いをしちゃア困るぜ。何だ、さッきから二階の櫺子から覗いたり、店の格子に蟋蟀をきめたりしていたくせに」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
のびた雑草の緑にまじって、萩だの女郎花だの桔梗だのの、秋草の花が咲いている、飛蝗螽蟖馬追などが、花や葉を分けて飛びねている。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
未決監を出てからもう彼是一と月、その間、日となく夜となく緊張し切つた俺の神経はまるで螽斯のやうに間断もなく顫へ続けた。狂気と錯乱とがもう俺の目前に赤く笑つてゐる。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
其角に「すむ月や髭を立てたる」という句がある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
笹葉たくあとやいろりの 夕兆
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)