古句を観るこくをみる
ケーベル博士の常に心を去らなかった著作上の仕事は「文学における、特に哲学における看過されたる者及忘れられたる者」であったという。この問題は一たびこれを読んで以来、またわれわれの心頭を離れぬものとなっている。世に持囃される者、広く人に知られた …
作品に特徴的な語句
しいた すごし 少女 かわく つなが なぜ はや かわく する ゆく くわ あく ふけ さけ いる かう はく すこし あけ だん じか きぎ のどか のぞい きっ くぐり しわ くっ はる 夜更ふけ じょ たずね さかさま さきだ ふく ちる まさ きく とどま うららか 取付とりつく 合羽カッパ ひやや だき ふか あた ようよ 何方いずかた 単衣ひとえぎぬ そめ おも はい まぬが まず ちっ あきらか すずみ 便すなわ ふむ けづめ かん もうけ しん いわ づる ふし たつ 禿かぶろ ただち とぶ しも いず つく ぬきん 焼火たくひ まっと 附合つけあい にぎやか もえ じゅ 灯花ちょうじがしら かけ ほし ぎぬ さげ わかれ くゆ ふき ちなみ 彼方あっち さえずり ない もり