“漏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
73.2%
もら17.0%
もれ3.6%
もり1.8%
もる1.3%
こぼ0.9%
0.4%
くき0.4%
こぼす0.4%
こぼれ0.4%
クキ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おりおり日の光りが今ま雨に濡れたばかりの細枝の繁味れて滑りながらに脱けてくるのをあびては、キラキラときらめいていた。
あいびき (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
彼女だって、僕と一緒になるなんぞ夢にも思わなかったろうし、結婚の夜の彼女が、「済まないわ……」と一言した言葉があった。
魚の序文 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
葭簀を立掛けた水茶屋の床几には磨込んだ真鍮茶釜にばかり梢をる初秋の薄日のきらきらと反射するのがいい知れず物淋しく見えた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
去歳の春すがしたるか怪しき汚染は滝の糸を乱して画襖李白げど、たてよければ身の毛程の寒さを透間ちもせず、も安楽にして居るにさえ、うら寂しくを知るに
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
春も稍深なれば雪も日あたりはあるひは焼火の所雪早くるにいたりて、かの屋根のじたる処木羽の下たをくゞりなどして雪水ゆゑ
別に人参と蒟蒻あるいは蕪などを湯煮して醤油と味淋にて味をつけ、になるまで煮て、冷めたる時南京豆と和えるなり。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
次に御刀の手上に集まる血、手俣よりて成りませる神の名は、闇淤加美の神。次に闇御津羽の神。
其時迸り出た血からいろいろの神が成り出ましたが、御刀手上に集れる血手俣より出て成りませる神の名を闇𨔆加美ノ神というとある。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ナゼというのに大原は三度の食事を我々の三、四倍も食う。大きな飯櫃を一人でにして汁なんぞは五、六杯もおりをする。家の内儀さんがまいことか。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
飮ながら何だびく/\するな何故其樣へるぞコレ酒がるぞ落着がよい汝も酒がだ一をせよサア/\其茶碗がいゝ夫で二三べしと酒をでやり後で飯もがよい今に拙者が手前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
八十神追い到りて、矢さす時に、木俣より逃れて去り給いき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)