“万遺漏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばんいろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“万遺漏”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
踊手達は、司会者の万遺漏ばんいろうなき心くばりを感じながら、しかし無言のまま、一対ずつ手をとり合って、その部屋へ入るのでした。
覆面の舞踏者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
方来居の手入れに、蟻のはい出るすきまもないほど取り囲んでおいて、万遺漏ばんいろうなしと不意に侵入して家内を捜索すると、おどろいたことには家人のほかに客一人いずに、家の中はがらんどうで、家族は今の今まで眠っていたらしかった。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)