“万年青”の読み方と例文
旧字:萬年青
読み方割合
おもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さん。もう万年青御手入はおすみですか。ではまあ一服おやりなさい。おや、あの菖蒲革入は、どこへ忘れて御出でなすつた?
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
何でもない竹垣の根元の万年青などが印象の真正面に立った。——伸子は、夫のいない時、一人静かに家を出て行くつもりなのであった。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
山根さんはふだん着ではなく、大島の着物羽織をき、万年青構図の緑がかった落着いた帯をしめ、髪もきれいにとかしていた。