伸子のぶこ
伸子は両手を後にまわし、半分明け放した窓枠によりかかりながら室内の光景を眺めていた。 部屋の中央に長方形の大テーブルがあった。シャンデリヤの明りが、そのテーブルの上に散らかっている書類——タイプライタアの紫インクがぼやけた乱暴な厚い綴込、隅 …
作品に特徴的な語句
アンティ むか まだら おなご こわ かた 斑猫まだらねこ そら しわ 嫁入むかさ 飛沫とばちり 上手うま 低声バス 彼方むこう つづり 湿 つか まわ たゆ 曾孫ひこ もの かこ 梧桐きり ばく 角力すま おく あわただ かがや はた 飾窓ショーウインド 刷毛ブラシ 飛沫しぶ あが くすぶ 先達せんだって 紆曲うねり せい たず ひろ せん のび ゆわ みた そよ 纏布ターバン つい はずか まばゆ おお こら わき しゃが 駒鳥ロビン うら 恍惚うっとり せき 寝台ベッド やわら かけい ふや またが 足台フットストール まち きれ ごう めぐ 何卒なにとぞ 綴込とじこみ わか おこ こす ゆす なぐ ふなべり まく 上靴スリッパー きこ 下街ダウンタウン 朴歯ほうば なり 住居ずまい 後退あとじさ セント たかぶ がまち