伸子のぶこ
伸子は両手を後にまわし、半分明け放した窓枠によりかかりながら室内の光景を眺めていた。 部屋の中央に長方形の大テーブルがあった。シャンデリヤの明りが、そのテーブルの上に散らかっている書類——タイプライタ …
作品に特徴的な語句
たが 螺鈿らでん 土耳古トルコ ちん 蚊遣かやり 喊声かんせい なつめ 無碍むげ 捗取はかど 白髯はくぜん とう 渾身こんしん くす 石膏せっこう 海苔のり 遙々はるばる 上気のぼ 忖度そんたく 閃光せんこう セント 編輯へんしゅう 臙脂えんじ 花簪はなかんざし 怯懦きょうだ 抑々そもそも 冤罪えんざい 畸形きけい 顫動せんどう 咆哮ほうこう 孜々しし 杜若かきつばた 瞥見べっけん 焦々いらいら 篠懸すずかけ 銷沈しょうちん かわ 三和土たたき 溺愛できあい 推敲すいこう 麻疹はしか いただき 弛緩しかん 潰走かいそう 生毛うぶげ ひいらぎ ふいごう つよ 猶太ユダヤ 山巓さんてん 蜃気楼しんきろう 剽悍ひょうかん 目路めじ 蒲公英たんぽぽ 蝟集いしゅう およ 皎々こうこう わし 小楊枝こようじ 沓脱石くつぬぎいし 櫛比しっぴ 攀上よじのぼ 梧桐きり 掣肘せいちゅう 物懶ものう 朴歯ほうば おつ 小競合こぜりあい 腰巾着こしぎんちゃく 嘔気はきけ 猖獗しょうけつ 相剋そうこく 素麺そうめん 魯鈍ろどん おさ 行々子よしきり 範疇はんちゅう 黄粉きなこ ひろ ドル ひび 相対峙あいたいじ 蜒々えんえん 徹宵てっしょう 陰翳いんえい 葭戸よしど きらめ 暢々のびのび 白耳義ベルギー 透綾すきや 波斯ペルシャ 公孫樹いちょう 鞦韆ぶらんこ つくだ ひと 手套てぶくろ 語彙ごい 苦力クーリー 如露じょろ 水禽みずとり 藪睨やぶにら