“纏布”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんぷ33.3%
まきぎぬ33.3%
ターバン33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“纏布”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 自然科学 > 論文集 評論集 講演集(児童)50.0%
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蛹と活動蛹の二つは昆虫の形成の途中なのだ——昆虫はひそかに纏布てんぷに包まつて、その中で、頭から足の先きまですつかり構造を変へる神秘な働きをするのだ。
このとき我曰ふ。我は死の解く纏布まきぎぬをまきて登りゆくなり、地獄の苦しみを過ぎてこゝに來れり 三七—三九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
纏布ターバンを巻いた、頭でっかちで眼ばかり大きな王が輿こしにのっているところや、狩猟の絵がある。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)