“纏絡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんらく75.0%
まとひつ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“纏絡”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
家の壁は葡萄ぶどう、薔薇の蔓にまとわれ、半身像を以て飾られ、まどけたには瓶を並べ、纏絡てんらく植物それより生え出でる。
そこには人間の切なる情実の複雑な纏絡てんらくがあるだけに、ほとんどこれのみにて人をして厭世観を抱かしむるほどの悩みの種となるものである。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
斯うつたいちごなどの纏絡まとひついたところを見ると、我輩はもう言ふに言はれないやうな心地こゝろもちになる。何処の城跡へ行つても、大抵は桑畠くはばたけ。士族といふ士族は皆な零落して了つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)