“纏繞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんじょう50.0%
てんげう16.7%
てんにょう16.7%
まといつ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屍体頸部には絞縛したる褶痕鬱血、その他の索溝相交って纏繞せり、れども気管喉頭部、及、頸動脈等も外部より損傷を認むるわず。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
三月大、四月大、五月小、六月大であつたから、百三十六日間であつた。此間貧窮は例に依つて柏軒に纏繞してゐたらしい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
がうねうねとからまりついて解き難い纏繞の相を見せる。そこからもつれもめることの形容となり、ひいては争論の意に用いられる。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
木が茂って松蘿が、どの枝からも腐った錨綱のようにぶら下っている、こればかりではない、葛、山紫藤、山葡萄などの蔓は、木々の裾から纏繞いての葉を母木の胸に
梓川の上流 (新字新仮名) / 小島烏水(著)