“索溝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さっこう50.0%
ストラングマルク50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“索溝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
屍体したい頸部には絞縛こうばくしたる褶痕しゅうこん鬱血うっけつ、その他の索溝さっこう相交あいまじって纏繞てんじょうせり、しかれども気管喉頭部、及、頸動脈等も外部より損傷を認むるあたわず。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
頸部くび周囲まわりには歴然たる索溝ストラングマルク——絞殺の痕跡を止めたまま……。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あの襟化粧をした頸部くび周囲まわりに、生々しい斑点となって群がり残っている絞殺の痕跡……紫や赤のダンダラを畳んでいる索溝ストラングマルクを……。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)