“索引”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さくいん83.3%
インデックス16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近習の者は、皆この鬢をむしるのを、彼の逆上した索引にした。そう云う時には、互にめ合って、誰も彼の側へ近づくものがない。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
索引は五十ちたり、読者便利正式仮名によらず、オとヲ、イとヰ、のきものにれたり
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
しかし、あれは索引みたいな女なんだ。記憶のりが将棋盤の格みたいに、正確な配列をしているにすぎない。そうだ、まさに正確無類だよ。だから、独創も発展性も糞もない。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)