索引さくいん)” の例文
近習の者は、皆この鬢をむしるのを、彼の逆上した索引にした。そう云う時には、互にめ合って、誰も彼の側へ近づくものがない。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
索引は五十ちたり、読者便利正式仮名によらず、オとヲ、イとヰ、のきものにれたり
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
然し時によると、それが尤も機嫌のわるい索引になる事があつた。さう云ふときは、いかに神経のふつくら出来つたでも、成るべく近寄らない事にしてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
糸崎行——おかしいが、方角らない。ひながら、地名辭典索引ると、糸崎ふのが越前國備前國とにある。東西、いや西北つた。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
第三の幽霊 索引を見給へ。索引を。××××と云ふ所を引けばいのだ。
LOS CAPRICHOS (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)