LOS CAPRICHOSロス カプリチョス
笑は量的に分てば微笑哄笑の二種あり。質的に分てば嬉笑嘲笑苦笑の三種あり。……予が最も愛する笑は嬉笑嘲苦笑と兼ねたる、爆声の如き哄笑なり。アウエルバツハの穴蔵に愚昧の学生を奔らせたる、メフイストフエレエスの哄笑なり。 ——カアル・エミリウス— …
作品に特徴的な語句
いはほ はて くはは 微笑びせう をさ よろこば わらひ わた 尿ねう なんぢ タン をつと 燐火りんくわ 白楊ポプラア 冥護みやうご 嘲笑てうせう 天主てんしゆ 悄然せうぜん はふ だね 苦笑くせう あひだ 今日けふ なに 冷笑ひやか 嬉笑きせう 悪口あくこう さを なんぢ 白眼しろめ わざはひ 縦横じゆうわう 芭蕉ばせう よろひ 丁度ちやうど 不朽ふきう 中華ちうくわ くらゐ なん にほひ 召上めしあ 呆気あつけ 咄嗟とつさ 哄笑こうせう あへ よる 大勢おほぜい 奴隷しもべ 存外ぞんぐわい もつと 往生わうじやう のち 昂然かうぜん 毛頭まうとう ほのほ 片々へんぺん おそ 畜生ちくしやう 白馬しろうま 硫黄いわう まつり はうき 終始しゆうし ふな 舟中しうちう 荒野あらの 蝙蝠かうもり 街道かいだう ごと またが たく ひら 黒暗やみ 一人ひとり 一撮ひとつまみ 七頭しちとう 三度みたび のぼ 並木なみき うち 今日こんにち ただ 何処どこ 何故なぜ 何時いつ さて かぶと 其処そこ つるぎ なか 口惜くや のろ 唾気つばき