“湯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
78.1%
ぶう8.8%
ゆう4.4%
とう3.6%
2.2%
タン1.5%
たう0.7%
ぶー0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「いま、かアちゃんと、おに入ってます。一時間ほど前に、黄一郎と三人連れでやって来ました」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこで大きなおにいっぱいおかして、金仏さまをほうりみました。するともなく、おがぐらぐらにたぎってきて
和尚さんと小僧 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
王にいたって無道であったため、王がこれを伐ち、天命をうけて天子となったが、その時、湯王は天帝に告げていわれた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「いえね、おは疾っくにすんだのですけど、丁度おもてを金魚屋が通ったものですからぐずぐずしてしまって。どお、父うさん、奇麗でしょう」
神楽坂 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
林黛玉の梅逢春がやっと一座に加わったのは、もう食卓のが、荒らされてしまった後だった。彼女は私の想像よりも、余程娼婦のに近い、まるまると肥った女である。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
痰火に薑汁を用ゐることもあり、治寒痰咳嗽といふ句もあり、導痰丸、導痰などの処方もあるので、父が砂糖生薑をしまつてゐたことが
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
「さあさあ、おがええ加減ですよ」
だるまや百貨店 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)