“とう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トウ
語句割合
20.6%
9.4%
8.1%
6.3%
4.9%
4.9%
4.4%
4.1%
3.9%
3.6%
2.2%
2.2%
1.9%
1.6%
1.6%
1.4%
1.2%
1.0%
0.8%
0.8%
0.8%
多武0.7%
義父0.6%
十歳0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
養父0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
阿父0.1%
0.1%
父親0.1%
ヷ島0.1%
一頭0.1%
0.1%
0.1%
十箇0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
実父0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
舅父0.1%
0.1%
0.1%
訪問0.1%
0.1%
0.1%
途法0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれのおさんが少し出すには、お前のお父さんが澤山出す何倍の骨が折れたか知れないのだ。なる程お前のさんは博士ではない。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
小生、今朝ふと応接室へり候所、この影のき少女、のテエブルの上へのしかかり、熱心に「けふの自習課題」を読み居り候。
伊東から (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
また、一からも、大臣や、高等官がちょっとばかりれました。しかしそのたちのは、じきにんでしまいました。
白い影 (新字新仮名) / 小川未明(著)
その頃ではもうき遲れの二十二、非凡の美しさで、娘姿にも立ちませんが、はたの者に氣を揉ませることは一と通りではありません。
「うそでしょう。……おやおや、がある。それからまんじゅうみたいなものが、あちこちにありますね。あれは何ですか」
三十年後の東京 (新字新仮名) / 海野十三(著)
より三歳山田竪琴草子なる一篇つて、からつ者であつたのは奈何です、ふ物を書いたから
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
千山はの時代に開いた梵刹で、今だに残っているのは、牛でもなければ豚でもない、ただ山と谷とと御寺と坊主だけであるから
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「この×××らばおれにも殺せる。」——田口一等卒はそう思いながら、枯柳の根もとに腰をした。騎兵はまたを振り上げた。
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
自分より、よくないや、は、一だって、ここにはいないだろうとったほど、自分がつまらなくわれたのであります。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それにもかかわらず、の名探偵は、いつさめるともなく、昏々と眠っている。眠った上にご丁寧にも身動きもできずられている。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その男の押すボタンに連れて、珠が鏡に変わるのである。部屋の広さ三十畳敷ぐらいそこに幾個か円卓があり、円卓の周囲がある。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
勘次からおのいふなりにるのであつた。二人くはけないので、隣村知合じた。兩方姻戚した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
どすーンと音がして、空から庭のまん中に落ちてきたのは、の寝椅子だった。と思うまもなく、こんどはその上へ人間が降ってきて、どすン。
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そうこうしているうちに汽車に乗るはずの時刻はに過ぎた。絣姿の弟たちはステーションでさぞ待ちかねて不安でもいるのだろう。私は
突堤 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
そこここのへいとへいとの間にガスがちらちらしていた。親方は立ち止まったとき、かれがいよいよ力のつきたことをわたしは知った。
「何んとかして下さいよ、親分。あんな怪物にのさばられちや、こちとらの耻ばかりでなく、神田つ子一の耻ぢやありませんか」
本能やりばなき、血のなかのものを、義貞もいま、三条高倉邸の離亭の一に照らして、みずからの身に見ていた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
目の藥とか知ねどにあらず目には忌可き物ありと醫者どのに聞たりしに中にも風にるをみ又白き物を見るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
で、エリークさん、おまえさんやわしの住んでいる、このエーランドは、じつをいえば、いま話したチョウのからだなのさ。
ロボの一は、非常に数が多いようにいわれているが、私の調べたところでは、五、六頭にすぎないようだ。しかし、どれもこれも狂暴なやつばかりである。
相伝う、維亭の張小舎、を察すと。たまたま市中を歩く。一人の衣冠甚だ整いたるが、草をう者に遭うて、数茎を抜き取り、ってにゆくを見る。
行手を見れば、多武初瀬山。歴史にも、風流にも、思い出の多い山々が屏風のように囲んでいる。
行商をしてお母さんを養っている気の毒なお義父さんを慰めてあげる事が出来るのだろうか……、何も満足に出来ない私である。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
お杉は重蔵に比べると、殆ど十歳ばかりの姉であったが、何時二人が馴染んで、一旦は山の奥へ身を隠した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
庭には小さいながらも池があつて、赤い黒い、尺許りの鯉が十も居た。家の前には、其頃村に唯一つの衡門が立つてゐた。叔父の家のは、に朽ちて了つたのである。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「おつぎにゐらつしやるのは醉月のはん、豐竹小呂昇はんと承知して居るが、こちらにゐらつしやるも一人の娘はんはどなた樣です。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
あのとかりし我熱情の、らに消耗された事を思い嘆くあまりの、焦燥から来た我執とみなければなるまい。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
苗字、名は、つまり湯隆という者で、父はもと延安府軍寨長官だったそうだが、軍人の子にもやくざは多い。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
新たに八ヵ国を、お館の一手に、掌管し給う政令始めの祝典でもありまする。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そりゃ惜しいわね。いつか一度はきっと行かなくちゃだめよ。でも、ほんとに加減が悪そうだこと。わたしの頭痛を貸して上げましょうか。」
将軍。まずよく防ぎ、よく戦い、賊兵を追ッぱらって、宋江の首を持って来給え。それを聟引出として、君にわしの愛娘をやろうじゃないか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
門口より見るに、土間の中央にを折りべて火を燃やし、大いなる鐵のりたり。その下に火を吹く童ありて、こなたへ振り向くを見ればピエトロなり。
の器、杯などを、卓の上へ並べだした。ところへ、のっそり魯智深が近づいてきたので。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日出雄少年二名水兵して一言なく、稻妻終夜しにえたので餘程れたとえ、つてる。
其一人の外被青白赤三色の線ある徽章たるはでもき警察官にして今一人は予審判事ならん、判事より少し離れたる所に、卓子に向い何事をか書認めつゝ有るはに判事の書記生なり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
一方は湖だし、いまさらひきかえすことも残念だ。ゆくにしたがっていよいよ丘陵が多くなった。一、骨の折れることおびただしい。どうやら地面の光景は一変した。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
ついでにいわく、支那で野猪を画いた古い例は、『晋書』に、氏の妻病篤く、医手をこまぬき尽しても及ばず、韓支して野猪を画かせ、臥室の屏風に貼らしめてえたそうだ。
ただこの色をえば世界を味わったものである。世界の色は自己の成功につれてやかに眼にる。鮮やかなる事錦をくに至って生きて甲斐ある命はとい。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と込上げ揉立て、真赤になった、七息継に、つぎしの茶を取って、がぶりと遣ると
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
出立の日重井の発言によりて大鯰の料理を命じ、かに大官吏を暗殺して内外の福利を進めんことを祝しぬ。かくて午後七時頃神戸行きの船にぜしは古井、稲垣および妾の三人なりき。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
当然、吉野朝廷のよろこびは大きく、顕家の不な来援は
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は慾が深い。あんなに慾が深くては剛者にはなれないね。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「わたくしでございますか、わたくしは、廷章と申します、姓はでございます」
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
新しいお直衣の長い下襲を召してお身なりをおととのえになって、客の礼に対するの拝礼を階下へ降りてあそばされたが、大将もりっぱであったし、宮もきわめてごりっぱなお姿と見えた。
源氏物語:51 宿り木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
彼輩衣食のために無益の事をく興し、あるいは奸民と結託し、あるいは謄記料を撤免してまでも、日本国光の一大要素たる古社神林を棄市凌遅同然の惨刑に処し、その山を赭にしその海を
医者は煙管にタバコをつめながら始終ニコ/\して、そんな昔語りが楽しさうだつた。強い近眼鏡をして見える彼の眼は、正午の猫のやうに細くて愛嬌がある。
念仏の家 (新字旧仮名) / 小寺菊子(著)
『あ、もう十二時がに過ぎて居る。』と云ツて、少し頭をツて居たが、『怎だ君、今夜少し飲まうぢやないか。』
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
その痛さより、身はくるかと思えども、なおも命はあらしゃった。されども慈悲もある人の、生きたと見てはとてもべはせまいとて、息を殺しをつぶっていられたじゃ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「ところがです……ここで今一つお尋ねしますが貴方は……貴方のお養父様でもおなじ事ですが、この三ツの事件を別々に引き離してお考えになった事は、ありませんか」
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
が死んでから半年の間、五百は少しく精神の均衡を失して、夕暮になると、窓を開けて庭のを凝視していることがしばしばあった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
長女は馬場氏に嫁し、三女は山内氏をぎ、次女よし、三男八三郎、四男幻香は亡くなっていたのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
時、の一家は長んでゐた。その長には、下岡蓮杖んで、日本寫元祖である上野彦馬が同じくんでゐた。
本石町の小西と淺沼、今川小——それらが時の名なだつたが、とにかく東にも寫眞器屋などはまだへるほどしかなかつたやうにふ。
海岸沿ふて七八岩層小高がある、ゆると、今迄えた景色えずなつて、次第/\にく/\。
ほと/\えられぬ臭氣も、も、くなるで、最早つたとは一刻同居く、無限んで、少年二人で、沙魚死骸をば海底つてしまつた。
そら、媒人でしょうは? だから、阿父さんも阿母さんも早めに行ってないと不好って、先刻出て行ったのよ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
花模様の丸ボヤの洋灯で、隅ではあったが、皆と一つ食卓にい、若い雪江さんの罪の無い話を聴きながら、阿父さん阿母さんの莞爾々々したを見て、かに食事して
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
夜が明けると、邸内のお長屋から、槍や(革のしない)を持った侍たちが、ぞろぞろと籾蔵の前の空地へ出て行った。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日吉は、前へ泳いで、辛くも踏み止まったが、そこらにある稽古槍にもにも手を出さなかった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
母親さんが早く死去り、お父親さん一人きりになっている、その大切なお父親さんの側に坐り込み、耳を澄ますのを習慣としていた。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
という声が聞こえた時、両耳の辺ばかりにわずかの髪をのこしている、お父親さんの禿た頭が上がり、声の来た方へ向いたので、お蘭もそっちへ顔を向けた。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかしたゞから四十年前(一八九二)にオランダの軍醫デヨボアといふが、南洋ジャヷ島のトリニールといふ發見した
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
そして、そのには、のがっしりしたかごのに、一頭きなくまが、はいっていました。
汽車の中のくまと鶏 (新字新仮名) / 小川未明(著)
七郎の子は漂泊していって、姓をと変えていたが、兵卒から身を起し、軍功によって同知将軍になって遼陽に帰って来た。武はもう八十余であった。そこで武はその父の墓を教えてやった。
田七郎 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
精神何事かならざらん」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「お前も聽いたことだらうが、天井裏に旦那の隱したのは三千兩、三百兩包みが十箇だといふが、死骸の傍で見付けたのは三つだけだ、あと二千兩といふ金は、何處へ行つたか、見當はつかないか」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
この蟻は地下きわめて深く巣をうがち発掘せる土をもってを造る。時に直径三四十尺に及ぶことあり。しかして諸方面に巣より付近の植物に通ずる道路を設く。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
ちやんだすか、可愛らしいおますな。』
日記のうち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
此方へ來やはつてから、何んぼにもならんや、そいでも三四年してからやつたかなア、やんが生れてき死にやはつて、奧さんが墓參りに行きやはると、何んでも寒い時で
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「おりを見て荏原屋敷へ忍び入り、お実父様のを討たなければ……」
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
峠と書いてタワ又はタヲと読ませているものが中国には可なり多く、四国には滑峠の如くトウと読ませているものさえある。
(新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
しましたとほり、かの立派なエヂプトの文明も、クリートにあつたギリシア以前非常んだ文明も、青銅時代してゐることをれてはなりません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
もうに音楽は始まっていた。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それであるのに、この一の画を戦火から救っておこうとした、あの発作的の行動は、そもそもどこから生れて来たものであろうか。鶴見にはそれも一つの不思議である。
そして、目的は、相手を負かそうとか、自分の主張をあくまでもそうとか、そういう浅薄な野心は毫末もない。ただ自分を忘れて、道のために議するというの態度がありあり見える。
ソクラテス (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
三輪の萬七は血眼でした。小さい路地の内外を鐵の如く堅めて、さて路地の一番奧の家、八五郎の宿へ向つたのです。
第二十一子王とし、第二十二子王とし、第二十三子王とし、第二十四子王とし、第二十五子𣟗王としたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
熱田の花のなどは、書物に由っては「花の堂」とも「花の」ともさまざまの字を当てているが、これを諏訪の花会の古式に比べて見れば「花の」と書くことの正しいのが分る。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
堂に法華と云い、石に仏足と云い、相輪と云い、院に浄土と云うも、ただ名と年と歴史をして吾事ると思うはいて活ける人を髣髴するようなものである。見るは名あるがためではない。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
〔譯〕自得ぶ。人に目を以て有字の書を讀む、故に字にし、通透することを得ず。に心を以て無字の書を讀むべし、乃ちして自得するところ有らん。
大風颯々たる、怒濤澎湃たる、飛瀑※々たる、あるいは洪水天にして邑里蕩流し、あるいは両軍相接して弾丸雨注し、艨艟相交りて水雷海をかすが如き、皆雄渾ならざるはなし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
孟公綽は、たとい家や家のような大家であっても、その家老になったらりっぱなものだろう。しかし、のような小国でも、その大夫にはなれない人物だ。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
(聊斎志異の著者、蒲松齢)の姉の夫の祖父に宋公、諱をといった者があった。それは村の給費生であったが、ある日病気で寝ていると、役人がを持ち、に白毛のある馬をいて来て
考城隍 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
村は一月晩れでも、寺は案外陽暦で行くのがあって、四月八日はお釈迦様誕生会。寺々のが子供を呼ぶと、に連れられた子供が、小さな竹筒をげて、嬉々として甘茶を汲みに行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
小野氏に寄せた書は「閏月十日」の日附があつて、広江夫妻に寄するものにつこと十五日である。前書を裁した時を病んでゐた陽が、後書を裁する時既にえてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
あるは々のぼり來る旭日の光見る如し。 135
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
わが昔の知人の僅に生き殘れるは、西班牙の下なるペツポのをぢのみにて、その「ボン、ジヨオルノ」(好日)の語は猶久しく行人の耳に響くなるべし。
ものにおびえるようなつきは、幾回となく、ゲリゾン注射や、ぶどう注射や、ときには輸血をもしなければならなかったので、そのたび苦痛えて、事実るのであります。
雲と子守歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
騎馬に乗った呼韓邪単于と、白馬に乗った王昭君と、同じような白馬ではあったけれど、やや貧弱な白馬に乗ったK、ち私とをって、だの旗だの盾だの仏狼機だの、弓だの
沙漠の美姫 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
うやうやしく献上したものだったが、が磨滅した、役にもたたぬ廃物同様の古砲だったので、家光は激怒して、そっくりつっ返させたその四門の加農砲だったのである。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「す! すみません! ……お舅父様! もう何もかも申しあげてしまいます。ですけれど、今は、心が取りみだれて、何からお話してよいやら分りませぬ。あとで、心静かに、書きめてお手元までさし出しまする」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が小さい頭をだしていたので、これをつまんで薬味として加えたところ、鼻の奥に涼香漂い舌端に爽烈の気を呼んで、思いがけなく心に佳饌の趣を催したのであった。
食指談 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
さず話しなば必ず縁談のはんと彼の富澤町なる甲州屋吉兵衞の次男千太郎の身持りしに何所ても若者なりと賛成ざる者の無かりしかば其趣きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
細川は軽く点頭き、二人は分れた。いろいろと考え、種々いてみたが校長は遂にその夜富岡を訪問ことが出来なかった。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
舞踏を善くするの如く、わが舞場に出でゝ姿勢の美をくをむものあり、文法に精しき某の如く、わが往々に代ふるに句を以てするを難ずるものあり。
何のために生きているかということが、はっきりしているからこそ、私は主観的にはに悲劇を脱却しているわけです。
「おりかさん、あんたに逢ふてどないして居やはりました。途法ない困つて居りましたやろ。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
木村夫人子は、田口卯吉の姉であったと聞いている。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
翌日、自動車でゆくと、大へんな雑があり、そういうところに何ということであろう餓死人が倒れたまま放っておいてあるのだった。
成程一日の苦れてツて來る、其處には笑顏へる妻子がある、終日辛勞一杯に、陶然としてツて、て人生の痛苦れて了ふ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
ここでは、初心に木剣を持たせなかった。上泉伊勢守の門で考案したというという物を使っている。のふくろに割竹をつつみこんだ物である。はない、革の棒だ。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「むかしから雪中に虎に遭うの夢は不祥のとしてある。もしや上洛中の大殿将軍の君に、何か凶事でも起ったのではなかろうか」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
したがって厩橋城下は殷賑を極め、武士の往来は雑し、商家は盛んに、花街はどんちゃん騒ぎの絶え間がなかったという。
純情狸 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
『敬斎古今』三に、騾は必ずしも驢種馬子でなく、自ら騾の一種があるので、生まるる時必ず母の腹をかねばならぬとあるなど、騾の牝が子を産まぬについて、種々虚構した説だ。