“舅父”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうと66.7%
とう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“舅父”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
詰問なじるようでも、老先生のことばの底には、よい舅父しゅうとらしい、優しさ、温かさが、あふれている。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
田宮流小太刀の教授を受け、その方では目録を取っている、まんざら迷惑の足手まといとはなるまい、その上殺されたお父様は、義理深い養父であり、かつは舅父しゅうととなる人であった、実の父親へ尽くすよりも、もっと尽くさなければならないお方だ
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「す! すみません! ……お舅父とう様! もう何もかも申しあげてしまいます。ですけれど、今は、心が取りみだれて、何からお話してよいやら分りませぬ。あとで、心静かに、書きしたためてお手元までさし出しまする」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)