剣侠けんきょう
木剣試合文政×年の初夏のことであった。 杉浪之助は宿を出て、両国をさして歩いて行った。 本郷の台まで来たときである。榊原式部少輔様のお屋敷があり、お長屋が軒を並べていた。 と、 「エーイ」 「イヤー」 という、鋭い掛声が聞こえてきた。 (は …
作品に特徴的な語句
じま となう 外見よそめ 焦心あせっ かしが かわ りょう 婢女こおんな 関係なか 此方こちとら ふち おまんま つづら 外方よそ たかまち えん 間隔まあい はず 交際まじわ 岩窟いわむろ 何方どこ 嫉妬ねた それがし 執念しうね 燈火ひかり 若衆わかいしゅう 以前まえかた 婢女おんな 午後ひる とっ 悉皆みんな 縁辺しるべ 以前むかし 仲裁なかなおり ゆるや わたくし まず 夫婦いっしょ 途中みちすが 唐黍とうもろこし そく おのれ 招待 ぬきん 手段 燈火 うなさ とも 蒼白まっさお たかぶら 焦心じら かか 伎倆うでまえ 誘拐かどわかし 将来これから じょう いつわり 退さが いななき 水面みずも 合図しらせ 遭遇 たい 老耄おいぼ せな 接待とりもち 自由まま うけたま 纜綱もやいづな 憧憬あこが ざま つもり 情婦いろおんな あった ほん 血潮ちのり 往昔そのかみ 最初はな 装束よそおい 布衣ふい なの きわ 如何いかが 身長たけ 武士ぶし 知己しりあい 囲繞いじょう 因縁ゆかり うぬ 周囲あたり ごおり 其方そのほう おやじ おも 白昼ひるま