“唐黍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうきび45.5%
たうきび18.2%
もろこし12.1%
たうもろこし9.1%
とうもろこし9.1%
からきび3.0%
もろこしきび3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また「麦秋」という訳名であるが、旱魃で水をほしがっているあの画面の植物は自分にはどうも唐黍かとしか思われなかった。
映画雑感(Ⅳ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
いまだと早速千匹屋へでもしさうなものを、川柳ふ、(地女りもかへらぬ一盛り)それ、意氣なるや、縁日唐黍つてつても、つたなんかひはしない。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
見るとその畑の中に、何やら黒く動くものが見えました。もとより人のよりも高い唐黍が茂っているのですから、何ものだかはっきり分りません。
(新字新仮名) / 久米正雄(著)
い。が焼山である。唐黍げてゐやう。茄子からう。女気ざかるいて十つた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
悪戯じて、この節では、唐黍の毛の尻尾を下げたり、あけびを口にえたり、茄子提灯闇路辿って、日が暮れるまでうろつきますわの。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
或薄ら寒い秋の日の暮、彼は一本の唐黍ちこの画家を思ひ出した。丈の高い唐黍は荒あらしい葉をよろつたまま、盛り土の上には神経のやうに細ぼそと根をはしてゐた。
或阿呆の一生 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
甲斐の國は青田の吉國桑の國唐黍の穗につゞく國
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)