春着はるぎ
あら玉の春着きつれて醉ひつれて 少年行と前がきがあつたと思ふ……こゝに拜借をしたのは、紅葉先生の俳句である。處が、その着つれてとある春着がおなじく先生の通帳を拜借によつて出來たのだから妙で、そこが話である。さきに秋冷相催し、次第に朝夕の寒さ …
作品に特徴的な語句
いみじ 後退あともど おぢ にほ あぶなツ じやく かう へツつひ なほ あひ くはゝ おほい もの した たい かう 地摺ぢずり かたはら がは うへ とほり さが きは みの まへ よつ きり おびや くちなは 如何いかゞ さむらひ 通帳おちやうめん 這出はひで あたゝ とこ あかる 彫刻てうこく あれ かを 蒸氣けむ はつ しやく 千住せんぢゆ 庖丁ばうちやう ほし いり たけなは 僥倖げうかう 打倒うちたふ 押上おしあが さかさ さし とほ くれなゐ はう あづか 可笑をかし あたゝか がく きつ 最中さいちう ちひ 見透みとほ しゆ もえ さかり いへ 夥多おびたゞ 女中ねえ おほ たづ をんな 大金だいきん 悚然ぞつ かゝ 去年きよねん めう たふ ゆび 武士ぶし 歩行あるく 道理だうり あて 僧正そうじやう いん あぶ 附着くツつ はひ 背負しよ いきどほ 莞爾につこり あふ わづら 一夜あるよ 一所いつしよ