“醉”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
35.7%
31.4%
ゑひ17.1%
よひ7.1%
よつ2.9%
1.4%
まゐ1.4%
よい1.4%
ゑい1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふり𢌞をよけながら、いや、おさんばかりぢやありません、つてるよ、とつてもつてるから承知をしない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
御酒をめしつたからとてくおひになるのではなく、いつもざめたばして、何時額際はれてりました。
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
飮居たりしが其中に年の頃六十餘と見ゆる老人獨酌にて一二合飮て其後代錢は拂ひたれども酒のりしにやりに睡眠居たるが不※
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なし茶碗打鳴し呑ける程にに一物ある寶澤はなど致し種々とめける婆は好物の酒なれば勸めに隨ひ辭儀もせず呑ければ漸次出て今は正體醉臥たり寶澤熟々此體
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ぢぶきなり、長火鉢を、れはとふ。れたり。大和風呂なり。さてぱらひのんとつたつけ。二人ともれて、沙汰なし/\。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
彼はぼんやりして、そこに坐ったまま、少しはい心地になった。
幸福な家庭 (新字新仮名) / 魯迅(著)
お前は何かてえと、おお酒ツてお謂ひだけれども、私が幾らむもんじやない。二けア大概ツて了ふんだかや、月に積ツたツて幾らがものでもありやしないよ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
町子ごゝちのごとくをかへして背後るに、雲間のほのるく、社前のふりたるさま、紅白ながくれて古鏡さびたるもみゆ、あらしさつと喜連格子づるれば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
良久しうありてさま大方めぬれば、におのがるゝしきれとりて、れば盃盤狼藉さま、人々ひの門前綺羅星とならびて、何某樣ちのにぎはしく
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)