“よい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
74.7%
17.1%
2.0%
夜居1.7%
1.0%
0.7%
0.3%
初更0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
甲夜0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源氏が二条の院へ帰って見ると、ここでも女房はからずっとき明かしたふうで、所々にかたまって世の成り行きを悲しんでいた。
源氏物語:12 須磨 (新字新仮名) / 紫式部(著)
こう云う事情がありましたから、お島婆さんの所へ行くと云っても、新蔵のほろの腹の底には、どこか真剣な所があったのでしょう。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
得しことゆゑ癪氣も速かにりければ大岡殿には悦ばれ成程心持に成しと申されるに城富は先々御休息ばされよと申て自分もみ居たりけるに大岡殿は寢返りて此方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
着て、夜居のお坊様のように私はなろうと思うのですから、今度などよりもっと長くお目にかかれませんよ
源氏物語:10 榊 (新字新仮名) / 紫式部(著)
ち君に對して興味を棄てよと云ふのではないが、内々に好きからに筆を執つて樂んで居るといふのならば餘り駄作は公表せぬがではないか
の松蔭大藏は智慧が有って、一家中の羽振が宜くって、物の決断はし、彼を抱込めばいと寺島兵庫と申す重役が、松蔭大藏を抱込むと、松蔭は得たりと請合って
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
致すはのこと林藏は夫故大方然樣な一でも御座りませうが主有者に手を出すの密夫などは致ませんが只々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
下されしは此お人なればお頼み申てお富にて來るがと聞てお安は今が今迄じ暮して居た事ゆゑ忽ち
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから緒方の塾に這入てからも私は自分の身に覚えがある。夕方食事の時分にし酒があれば酒を初更に寝る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それともこれを此處に貴君の三年の壽命るがか、それでも今ぐにう御座るかな。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
色斯きてがり、って後る。曰く、山梁雌雉かなかなと。子路えば三たびげてつ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
やっと熱海の宿に着いての治りかけた頃にあの塩湯に入るとまたもう一遍軽い嘔気を催したように記憶している。
箱根熱海バス紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
床の上へ起き直ッて耳をして見ると、家内は寂然としていて、の音が聞えるばかり……自分はしばらく身動かしもせず、黙然としていたが,ふと甲夜に聞いたことを思い出して
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
町子ごゝちのごとくをかへして背後るに、雲間のほのるく、社前のふりたるさま、紅白ながくれて古鏡さびたるもみゆ、あらしさつと喜連格子づるれば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
目出度三三九度の盃も済み、藤原が「四海しずかに」とい、媒妁はと帰りました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)