“よし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨシ
語句割合
38.1%
13.5%
10.4%
4.8%
4.1%
3.1%
2.7%
由緒2.2%
2.0%
仮令1.6%
1.6%
1.3%
1.3%
縱令0.9%
0.9%
0.7%
0.7%
由縁0.7%
0.5%
0.4%
可也0.4%
可矣0.4%
廃止0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
余資0.4%
0.4%
善哉0.4%
0.4%
好矣0.4%
来由0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
中止0.2%
事故0.2%
0.2%
余紙0.2%
便宜0.2%
0.2%
假令0.2%
原由0.2%
0.2%
廢止0.2%
所由0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
縁由0.2%
0.2%
諾矣0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火に行く先をふさがれて、ぜひなくを休めていると、そこへそちと、もう一人、ありげな女子とが、気を失って引きずられてきた
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし片岡という武士は、さすがに、同宿のみある浪人の悲運を、見殺しに出来ないと思ったか、夢中のように、紙帳へ斬り付けた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
盛り上げた土に柳の木が半分も埋まっているかと思うと、一方は低いの水たまりがまだ残っていて、白い星の影がけている。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我は出でしものをとす、されど汝何を信ずるや、また何によりてかく信ずるにいたれるや、今これを我に述ぶべし。 一二一—一二三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
隋起って南北両朝の諸国を統一するに至り、推古天皇は久し振りに小野妹子を遣わして、さらに国際間のみを通ぜしめ給うたのであった。
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
として今日はとばすのお路次口みつ家内きつさまはどうでもお留守らしく御相談することほどあるを
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「どうも廻り廻って悪い場所に来たもんじゃなア」と師父ブラウンが窓越しに灰緑色のや銀色の川波を眺めながら云った。
こちらは白虎山の由緒ある旧家で、昼、おぬしが村の居酒屋で出会ったのはご舎弟のほうで独火星の孔亮とよばれ、そちらはご総領の毛頭星の孔明と仰っしゃるお方だ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其の頃葭葦えて居たのを埋立ったから葭原というのだが、後に江戸繁昌を祝しての字を書いて、吉原と読ませるんだという事を聞いてるが
私は家人に「御宅では、こんなに昼間鼠が騒ぎますか」と訊ねて「いいえ、そんな事はありません」と云う様なことを聞いた事も度々ある、仮令、それが鼠としても
頭上の響 (新字新仮名) / 北村四海(著)
よ。今じゃあ痛くもなんともないが、打たれた時にあ痛かったよ。だって布袋竹釣竿のよくでもってピューッと一ツやられたのだもの。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
河野さんが生まれた年だから、もうかれこれ十四五年の昔になる。自分もまだやっと十か十三ぐらいであったろう。
竜舌蘭 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
【目を】神はその創造の御業とし給ふのみならず、常に萬物の安寧秩序を顧み給ふ
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
讀書病的習慣で、んでもれたは、れが縱令去年古新聞らうが、であらうが、一えたるのやうに、屹度つてるのである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
はじめに出した「潮来出島の真菰の中であやめ咲くとはしほらしや」の中にある出島は直ぐ潮来町の真向いに見える小さい州の島で、や真菰が生えていた。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
亀屋旦那、おれとおと婚礼の媒妁役して呉れたを恩に着せるか知らぬが貴様々々はて下され、七七四十九が六十になってもあなたの御厄介になろうとはませぬ、お辰は私の姪
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私は斯んな——つた南瓜のやうな仕樣のない野郎だが、娘のお菊は生一本な育ちで、町内でも評判の孝行者で、その上珍らしいきりやうでしたよ。
父という仏も、察するに、田夫野人ではなかろう。由縁ある者の末にちがいはない。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
併し風早學士は、とも其樣なことに就いて考へなかつた。其がや何樣な人であツたとしても、彼の心に何んの衝動も感覺も無かツた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
多數の統治とせず、クロニオーンの撰び上げ
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
「僕は吾妻君を信ずる、僕は初めから彼を疑つて居たのだ、今夜もヅウ/\しく来て居るのだ、——可也
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
然るに現時の内閣の者共が何も知らないから、少しも取締が届かない——可矣、山木、早速桂に申し付けよう
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
これさおはどうしたものだ。と言い励す得右衛門。綱は上意を承り、「親方、大人気無い、廃止にしましょう。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に幸八は委細承知なしシテ又親方何處迄御出とに藤八はばサ先はと知れぬが大概箱根前後と思へばと云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
刀を持ったなりドブリと綾瀬川へ飛び込むと、の繁った処に一艘船がいで居りましたが、を揚げて立出たは荷足の仙太郎で、楫柄を振り上げて惣兵衞の横面を殴る。
と云って、妻は硝子の大きなを持て来た。硝子は電気を絶縁する、雷よけのまじないにかぶれと謂うのだ。と受取って、いきなり頭にかぶった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
横になるよりりけるが、妾は一度渡韓せば、生きて再び故国の土を踏むべきにず、彼ら同志にして、果して遊廓に遊ばんほどの余資あらば、これをば借りて、すがら郷里に立ち寄り
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
先生ではございますが、庭も少々、裏が山で風もにも隔って気楽でもございますから御保養かたがたと、たって勧めてくれたのが、同じ教子の内に頭角を抜いて
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に参りたる甲斐はありけり、菩薩も定めしかゝる折のかゝる所作をば善哉として必ず納受し玉ふなるべし、今宵の心の澄み切りたる此のしさを何に比へん、あまりに有り難くも尊く覚ゆれば
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
最後に來ましし大穴牟遲の神、その菟を見て、「何とかも汝が泣き伏せる」とのりたまひしに、菟答へて言さく「淤岐の島にありて、このに度らまくほりすれども、度らむなかりしかば、 ...
好矣が一番先に信者になつて、村の衆の鼻毛を抜いてやらうと、初めて松太郎の話を聴いた晩に寝床の中で度胸を決めて了つたのだ。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あるじ越後は米のよき国ときけばことさらにひなんとて、もみ五六十粒へたるを国へ持かへりて事の来由を申て 邦君に奉りしを、 御城内に植しめ玉ひ
第一君などの俸給では、食はずに溜めても、息子を洋行させることは出來ないが、や出來るとしても、さうして洋行させた子が死にでもしたらどうするのだ。女房をも餓死させては義務が立たない。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
「ちょいと、文学者たちって、さまだの、さまだのって、手紙に書いてたのね。あたし、紅より、っていう手紙見て、ちょいと怒ったことがあるの。そうしたら、紅葉さんですって。」
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
きに病氣とばかりひぬれば、りもなくましくて、醫者にかゝれの、めのと悋氣れて此事しぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うすらしきおもはしげにて、華族であらうお化粧濃厚だとかへりてふをにもれぬらしきにて、れとながめ悄然としてあるにならず
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
十年には次女が生れた。家譜に「文政十丁亥八月十五朝出生、名俶、よし、小久原権九郎奥方幼名を贈らる」と云つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
或は参正池田家譜のと同人ではなからうか。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
がかあいそうだからお浪さんを退いてもらおうというかと思えば、もうできそうになると今度アお浪さんがかあいそう! そんなばかな事は中止として、今度はお豊を後釜に据える計略が肝心だ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
此消息人目りもなく、玉簾やすやすえて、るは邂逅なる令孃便りを日毎るばかり、事故ありげなるも、此處にはじめて朧々わかれば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
拾ったなら拾ったにましょうが、それじゃア此の者が包を間違えてもんば又お前さんの懐を捜しても
所謂「巻末存余紙」の余紙は九あつて、別に清川の序の後に空白六頁がある。恐くは諸友の題言を求めむと欲したものであらう。紙は医心方を写さむがために特製した烏糸欄紙である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「鳥が鳴くの空に僥倖しに、行かんと思へど便宜旅費もなし」との述懐は、当時の都人士の憧憬れるところを露骨に歌ったものであった。
既に解剖した屍體をすら平氣で而もに縫合はせる位であるから、其が何樣な屍體であツても、屍體を取扱ふことなどはカラ無造作で、鳥屋が鳥を絞めるだけ苦にもしない。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
さなであらうと、假令であらうと、それは一差支へないやうなものだが!とけました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
事の原由を尋ぬるに、旗野の先住に、何某とかやひし武士のありけるが、まてることありて改易となり、を追はれて国境よりぞ放たれし。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「だんだん人気が、悪くなるよ。さん、近頃は、物騒だねえ。黒船は来るし、変な浪人がうろうろするし——」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
『さうさ、だから廢止い』とグリフォンがひました、ちやんもそれには大賛成でした。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
また諸のたちに問ひたまはく、「天若日子久しく復奏まをさず、またいづれの神を遣はして、天若日子が久しく留まれる所由を問はむ」
大熊山は三次郡の西方にある巌石の峨々と聳えた山で、五十丁ばかりも登った処に三若狭守の館の跡だと云う千畳敷と呼ぶ処があった。
魔王物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その後妻は尾州藩でも学問の指南役として聞こえた宮谷家から来ているので、名古屋にみを通じるとの疑いが菖助の上にかかっていたということである。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
女はに随ひて貞信に情ふかく静なるをとす。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
然れども後には、その伺見たまひし御心を恨みつつも、ふる心にえへずして、その御子をしまつるに因りて、その玉依毘賣に附けて、歌獻りたまひき。その歌
去年の夏川島家を追われし以来絶えて久しきかののいくが、その再会の縁由となれるがために病そのものの悲しむべきをも喜ばんずるまで浪子をなつかしめるありて
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
私はて議論もせず、脱走連中にて居る者があれば、余計な事をするな、負けるからにしろとめて居た位だから、福澤を評するに前朝の遺臣論も勘定が合わぬ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
諾矣、善くやつた。直ぐ巖谷に逢つて女を退治してやらう。』
永井荷風といふ男 (旧字旧仮名) / 生田葵山(著)