二日物語ふつかものがたり
此一日 其一 観見世間是滅法、欲求無尽涅槃処、怨親已作平等心、世間不行慾等事、随依山林及樹下、或復塚間露地居、捨於一切諸有為、諦観真如乞食活、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。実に往時はおろかなりけり。つく …
作品に特徴的な語句
烏滸をこ 本意ほい 寒気さむさ 入相いりあひ 稚児をさなご 忍辱にんにく 苦患くげん 幾年いくとせ 崩折くづほ 他家よそ くだ 涅槃ねはん 譬喩たとへ 魂魄たましひ 逍遥せうえう 比叡ひえ かしは 薄紅うすくれなゐ 山間やまあひ そばだ 木葉このは 塵芥ぢんかい あな 罪業つみ 称名しようみやう 後世ごせ 仁和寺にんなじ 昔時むかし たけ 瞋恚じんゐ 常闇とこやみ 平伏ひれふ 思惟しゆゐ ひね 万端よろづ 飛鳥ひてう すぼ 小枝さえだ 歳月としつき 御暇おいとま こと いか 穢土ゑど 瓦礫ぐわれき 為体ていたらく ひた うすつ 一歳ひととせ 御霊みたま さかひ 幾干いくそ 判官はうぐわん 自己おのれ 可惜あたら 手首たなくび 桎梏かせ 趺坐ふざ 平時つね きら 見初みはじめ 仏陀ぶつだ ねが おそ 烏羽玉うばたま かを 光明ひかり あした ほのほ 漂泊さすら 金山こんざん 御法みのり つゝ 爽快いさぎよき 障礙しやうげ 神無月かんなづき 紅色くれなゐ すゐ たかぶ 年来としごろ 遼遠はるか われ 孤屋ひとつや 御髪みぐし 過失あやまち 歓喜よろこび 際涯はて 異様ことやう 閑寂かんじやく 奴婢ぬび 弓箭きうぜん 往時いにしへ そば 口喧くちかしがま 此地こゝ 此寺こゝ 六歳むつつ 三歳みとせ