二日物語ふつかものがたり
此一日 其一 観見世間是滅法、欲求無尽涅槃処、怨親已作平等心、世間不行慾等事、随依山林及樹下、或復塚間露地居、捨於一切諸有為、諦観真如乞食活、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。実に往時はおろかなりけり。つく/″\静かに思惟すれば、我憲清と呼ばれし …
作品に特徴的な語句
おふ ほしいまゝ いとほ あは まを くひしば 嬰児みづこ あは 大概およそ ぢやく たの 美味よきあぢ にはか いつはり ゐのこ 自分みづから うみ おもひ はざま おほ 理由ゆゑ おもひ もち 退まか 御在おはす 冷笑あざわらひ ふたゝ はや なか 可愛いとし あした あだ とぶら 畢竟つひ くわ こゝろ 幼児をさなき よそ はづか くう 如斯かく かは おほい まを 朋友ともどち 老婆ばゞ 自然おのづから 所行ふるまひ 所以いはれ 御陵みさゝぎ ひま らう ちが ものい じん あだ まづ 奴婢ぬび 御陵みさゝき 寂然じやくねん 自然おのづ 憫然あはれさ あの すゞ しづか とこし わかち あゆみ 目瞬めはじき じゆ さや 退すさ 幼児いとけなき わがみ 蜘蛛さゝがに 爽快いさぎよき 三歳みとせ そゝ とく 相応ふさは 眼前まのあたり それ このみ 崩折くづほ こがね 御墓おんしるし 打壊うちくづ まゝ 往時そのかみ こほ 廓然くわくねん 何処いづく わか うけが