妾の半生涯わらわのはんせいがい
はしがき 昔はベンジャミン・フランクリン、自序伝をものして、その子孫の戒めとなせり。操行に高潔にして、業務に勤勉なるこの人の如きは、真に尊き亀鑑を後世に遺せしものとこそ言うべけれ。妾の如き、如何に心の驕れることありとも、いかで得て企つべしと …
作品に特徴的な語句
なんぞ おんみ 執拗しゅう いう よう あそ たれか がさ おなご しるし しか いき きす あき しょう かかずら わず おさなき 良人りょうじん 待遇あし おどろかん 成長ひととな おもえ 清々すかすが たっし どお 赫々かくかくの 云々うんねん さす いや きょく 後日こじつ 可憫ふびん つき おも 容易たや こう ひま しょ 幸福さいわい しらべ かろし しょう なら 一向ひたぶる 日暮ひぐら ちょう つまび ようよ 大方たいほう 少許しょうきょ のう こう ちょ 御許おんゆる かたじけな さま ともの せつ 扮装いでた 会合まどい げん 手書てがみ 所有あらゆる けが あじ おも こころ あらわ 曩日さき せい ことわ おの きょう 客室かくしつ まぬが 天道てんどう かん おば この きょ 眼色がんしょく 一層ひとしお まい かたわ