“途上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みち33.3%
とじやう13.3%
とじょう13.3%
みちすがら13.3%
みちみち13.3%
とじよう6.7%
みちばた6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この男の語るところによれば、かれはそれを途上で拾ったが、読むことができないのでこれをに持ち帰りその主人に渡したものである。
糸くず (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
い六だつた。丁度出張演習途上のことで、い四縱隊つた我我のA歩兵聯隊はC街道へと行進してゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
黄昏の街の途上で会った時、百合子はチラと責めるように僕をてこう云ったが、歩きながら、例のように百合子は肩をさし寄せて、香料いを運んで来る。
魚の序文 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
それは今から半月程前に私が何気無く旅館を出てご料林の方へ行ったことがあったが其途上のことである。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自分は途上「昨日のだ」と聞くたんびに、懲役笠で顔を半分隠しながら通り抜けて、シキの入口まで来た。そこで初さんがまた愚弄したんだから、自分は少しむっとして
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
首卷のはんけちかにして、途上默禮とも千名譽とうれしがられ、もつ幾人仇敵ひをさせてがねにとれも道理なり
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一面には世の中が何時も春の花の咲いているような、黄金が途上にもざくざくれていれば、掘井戸のなかからもいて出るといったような、豪華な放縦
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)