竹本綾之助たけもとあやのすけ
泰平三百年の徳川幕府の時代ほど、義理人情というものを道徳の第一においたことはない。忠の一字をおいては何事にも義理で処決した。武家にあっては武士道の義理、市井の人には世間の義理である。義理のためには親子の間の愛情も、恋人同士の迸しるような愛の …
作品に特徴的な語句
おく いたま 紛擾ふんじよう 途上みちばた たて がたな はつ むつみ 閉場とじ 延引のば いと たず ざら おり 狼藉あわて 知己しりあい ぶし けん なか のば にせ つぶ 大連たいれん ひと まった かたち 席亭よせ めぐ のち こぞ 焦燥あせ おだ 自家じか ちかい ほとば あや 阪地はんち 七歳ななつ 下足げそく 世心よごころ 中軸なかじく 京枝きょうし 人斬ひとき 今年ことし 伯母おば 何処どこ 何故なぜ 何時いつ 価値ねうち おれ 其処そこ 円朝えんちょう 刺戟しげき 匂袋においぶくろ テーブル 叱言こごと 咽喉のど うた 喝采かっさい うわさ 四辺あたり 堂摺どうする 大人おとな 天狗てんぐ 奥床おくゆか けん ねた やもめ 実入みい あや 小書こが 居候いそうろう あらし ちまた 市井しせい 後幕うしろまく 御簾みす せがれ くや よろこ 悪戯いたずら 惜気おしげ ふところ 我儘わがまま 手拭てぬぐい おさ そろ 操持そうじ 放埒ほうらつ 放縦ほうじゅう 新川しんかわ 昔日せきじつ 椅子いす