“天狗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんぐ98.5%
テング1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天狗”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究72.7%
文学 > 日本文学 > 戯曲2.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天狗てんぐるか魔性ませうるかわからない、イヤ、正歟まさか其樣そんものまいが
ひとが何かいうと、けッという奇怪な、からす天狗てんぐの笑い声に似た不愉快きわまる笑い声を、はばからず発するのである。
愛と美について (新字新仮名) / 太宰治(著)
此の如き石器せききぞく天狗テング飯匙メシカヒぶ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
また天狗テング屁玉ヘダマという。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)