“天狗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんぐ98.7%
テング1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひとが何かいうと、けッという奇怪な、からす天狗の笑い声に似た不愉快きわまる笑い声を発するのである。ゲエテ一点張りである。
ろまん灯籠 (新字新仮名) / 太宰治(著)
やがて、のてッぺんにある、天狗腰掛松の下にたった竹童は、頓狂な声をだしてキョロキョロあたりを見まわしていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
石匕 石鏃石錐抔同質にして其大さ是等の五倍或は十倍なる物有り。形状長方形橢圓形三角形等の不規則なるものにして一部に必ずき把柄有り。此の如き石器天狗飯匙ぶ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
狐ノ屁玉、妙な名である。また天狗屁玉という。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)