“三角形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんかくけい45.5%
さんかくなり18.2%
さんかくがた18.2%
デルタ18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(いろは)のことなり、れば大廈嵬然としてゆれども奧行しもなく、座敷らず三角形をなす、幾何學的不思議ならむ。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
猪子してなものよ、大方王様彼様三角形て、て、して、母様るのであらう。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
背は並より高いほう、目の大きい眉のこい三角形の顔であった。白いうなじがきとおるようにきれいで、それが自分にはただかわいかった。
落穂 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
はじめは、メディチのヴィナスのように、片手を乳の上に曲げ、他の伸ばしたほうのを、ふさふさとした三角形陰影の上に置いた。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)