“猪子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いのこ50.0%
いぬしゝ25.0%
ゐのこ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのあいだに、天野猪子足助などが、鉾先をそろえてきたため、みすみす長蛇しながら、それと戦わねばならなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
猪子してなものよ、大方王様彼様三角形て、て、して、母様るのであらう。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
かねて新聞の広告で見て、出版の日を楽みにして居た『懴悔録』——肩に猪子蓮太郎氏著、定価までも書添へた広告が目につく。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)