“三角巾”の読み方と例文
読み方割合
さんかくきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは千草さんの持物の濃紺のフロシキですが、これを二つに折りまして、つまり三角巾型に折りまして、額から後へまわして結んであります。
不連続殺人事件 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
ぺたはまっ黒。少年の右腕は、三角巾でぐるぐるしばり、上に血がにじんでいる。
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼の左手はギブスをはめられて、ボクサーのようになり、三角巾でその手を首につって帰った。家の近くまでくると、向こうから、彼の手を折った連中が三人、不敵な顔を並べてやってきた。
(新字新仮名) / 壺井栄(著)